ネット銀行を活用した外貨預金

外貨預金は普通の銀行で取扱っている場合もありますが、気軽に始めるならネット銀行の外貨預金がおすすめ。
ネットオークションのやり取りなどで、普通預金口座を開いている人も多いネット銀行。

楽天グループの楽天銀行なんかは、クレジットカード機能の付いたキャッシュカードを発行しています。もちろん、クレジットカードは楽天カード。

そのほか、ネット銀行で大手と言えばソニー銀行や住信SBIネット銀行、ジャパンネットバンクなどが挙げられます。

これらネット銀行は実店舗を持つ一般の銀行と比べて、円の普通預金であっても預金金利が高めの設定。
円預金口座から外貨預金口座へスムーズへ移動できるのも大きなメリットで、反対に外貨預金口座から円預金口座への移動もインターネットの管理画面から行えます。

高金利通貨である豪ドルを例に、外貨の定期預金の金利、1万豪ドル1年物を見てみると・・・

ソニー銀行:1.4000%
楽天銀行:2.4000%
住信SBIネット銀行:2.5000%
ジャパンネットバンク:1.235%(3ヶ月もの)

住信SBIネット銀行がトップの高金利!楽天銀行もほとんど変わらない高金利で外貨定期預金をすることができます。
このことから、「ネット銀行」といっても各社で金利は異なり、外貨預金に適した金融機関があるということ。

利便性はソニー銀行や住信SBIネット銀行でも変わらないかもしれません。カードローン・キャッシングや円預金、FX、totoなどなどネット銀行が提供しているサービスは多種多様。
他にメリットがあって取引をしている方もいるでしょう。
しかし、外貨預金を利用して高金利通貨で資産運用をしたいと思うなら、楽天銀行や住信SBIネット銀行が一歩上と言うことです。

正しいネット証券、ネット銀行選びでしっかりと資産運用をしていきたいものですね。